ホーム大連外国語大学ニュース

北東アジア外交外事エリート人材博士育成項目

 

    2011年、国家国務院学位委員会は「博士号を授与する特殊人材養成項目の実験拠点の建設」というプログラムを提唱した。本学は関係部門が一丸となり難関を乗り越え、検討を重ねた上で、「北東アジア外交外事エリート人材育成項目」を申請した。2013年に正式に国務院学位委員会に許可され、2014年に初期生の募集を始めた。
 北東アジア外交外事エリート人材育成プロジェクトは国家北東アジア戦力と安全の特殊需要に基づく科学発展観を理念として『国家中長期人材発展計画要綱』と『国家中長期教育改革と発展計画要綱』を作成した。国家の需要を目標に、政策のサポートを頼り、人材養成を核心に、制度建設を保障にして、博士養成プロジェクトを実施する。国家北東アジア地域の安全を守り、東北地域の安定と発展を促進するために、現時点では、北東アジア研究は伝統的な安全を主にしいるが、非伝統的な安全を研究するエリート人材が空洞化問題を解決に着手する。
  項目サービス領域と養成目標は北東アジア地域の非伝統的な安全問題の研究と管理を所要任務とし、外交、社会文化安全、生態安全など非伝統安全領域の科学研究と人材養成という切迫した需要を解決しなければならない。
   養成項目計画は理論課程の増設により理論知識を固め、人材養成の突出した学術性を強調する。特別研究課程の増設による専攻特色を生かし、人材育成を促進する。国内と国際の協調を深め、ハイレベルの実践拠点を造り、人材育成の実用性を高める。
同時に、多元化している共同人材養成の形で、双指導教官モデルを実施し、人材養成の時効性と標的を生かす。業界需要を目安にした複合型、革新型、応用型という人材養成を通して、特殊需要のエリート人材の養成を目指し、人材養成の改革革新となるよう期待する。