ホーム大連外国語大学ニュース

孔子学院本部/中国国家中国語国際普及事務室・2017年タイ・韓国・日本赴任ボランティア向けのトレーニングクラス開校式を本学で開催

 

32日、孔子学院本部/中国国家中国語国際普及事務室・2017年タイ・韓国・日本赴任ボランティア向けのトレーニングクラス開校式が本学図書館の会議場で開催された。劉明党委書記、劉宏学長をはじめ、関係部門の担当者及び受講者145人が参加した。
開校式では、まず劉宏学長が歓迎の挨拶をした。彼女は本学が海外に開設した孔子学院の状況を紹介し、中華文化を世界に広める重要性を説いた後、ボランティアがこの研修によって教育能力や自国文化への理解を深めて、海外でその役割を果たすよう期待を述べた。
次いで、本学漢学院呂海燕先生が講師全員を代表して挨拶をした。最後に、河北師範大学からの受講者・趙微さんが受講者全員を代表して挨拶をした。
この研修の受講者は、北京語言大学、浙江大学、同済大学、遼寧大学、華北科技大学、大連外国語大学など36カ校から来たものであり、六週間、計300時間の研修を終えた後、タイ、韓国、日本にある八つの孔子学院/孔子教室に赴任するとのことである。