ホーム大連外国語大学ニュース

わが校の二専攻が遼寧省の応用型専攻への転換のモデル専攻として承認された

 

「遼寧省教育庁の遼寧省応用型専攻への転換モデル大学及びモデル専攻リストに関する通知」(遼教育書簡[2017]779号)により、わが校の翻訳専攻とコンピュータ科学・技術専攻の2専攻が遼寧省大学の応用型専攻への転換モデル専攻に選ばれた。今回は37校の100の専攻部門が応用型専攻への転換モデル専攻として承認された。翻訳専攻、コンピュータ科学・技術専攻は2016年に遼寧省応用型への転換試行専攻に選ばれて以来、応用型専攻への転換発展という目標を明確にし、「遼寧省各大学の応用型専攻転換試行専攻の指導評価指標体系 (試行)」に基づいて、人材育成や教師資質の養成、教育実践、国際交流などの面について検討を重ね、改革を進めてきた。 2015年以来、わが校には五つの専攻が応用型への転換を申請し五専攻とも転換試行専攻に認定されており、転換に備えて、専攻内で自己点検を進め、種々の交流会へ参加したり、他大学の経験を調査したりしてきた。今回、応用型専攻転換の承認を機に、「高品質で特色のある高レベルの応用型外国語大学」への発展という目標を速やかに実現したいものである。