ホーム大連外国語大学ニュース

劉宏学長が日本慶應義塾大学関根謙教授と会見

  11月16日、劉宏学長が日本慶應義塾大学文学部元部長、教授、中国文学研究者、翻訳家の関根先生と会見した。国際交流処、日本語学院等の担当者が出席した。

1.jpg

  劉宏学長はまず、関根教授の訪問を歓迎し、同教授が中日交流の促進や中国近現代文学の日本への紹介に果たしてきた役割に対し、感謝の意を表した。次に、近年における大連外大の発展ぶりを紹介し、今後において、慶應大学との連携と協力を期待していると述べた。
  関根教授は劉宏学長の熱烈な歓迎に対し感謝し、大連外大の発展ぶりを賞賛した後、大連外大で働いていた両親と幼少時大連で暮らしたことを回想した。また、慶應大学が今年で125周年を向かえ、現在、中日学生交流のプロジェクトが進んでおり、学生交換、学術交流などの面で両校の連携と協力を望んでいると述べた。
  関根教授は今回の訪問中、日本語学院の先生と学生を対象に、「中国現代文学と日本」という学術講演を行うことになっている。