ホーム大連外国語大学ニュース

日本語学院一年生の日本語朗読コンテストが円満終了

  学生たちの日本語学習意欲を高め、日本語教育の成果を示すために、11月18日午後、日本語学院が一年生の朗読コンテストを行った。同学院一年生研究室の呂萍先生など9名の先生方が審査員を務めた。

 

1.jpg2.jpg

 

  予選を勝ち抜いた52名の学生が今回の朗読決勝戦に臨んだ。選手たちは日本語を二ヶ月ほどしか勉強していないにもかかわらず、一部の学生の日本語朗読レベルは出席の先生から高い評価を得た。審査員は発音、アクセント、朗読の流暢さ、自然さなどから選手たちを公正に評価した。以下の学生が入賞した。

  一等賞:張楽融、金冬琳、張耕濤
  二等賞:郭一など6名
  三等賞:王紫荆など9名
  優秀賞:何思佳など34名

  終了後、呂萍先生が今回のコンテストを総括し、学生たちの二ヶ月の学習成果を評価しその努力を称えた。また、学生に今後も地道に努力を積み重ね、さらに大きな進歩を遂げるよう励ました。
  今回の朗読コンテストは一年生の真摯な勉強姿勢が示され、学生たちの日本語学習への情熱をさらに高めた。