ホーム大連外国語大学ニュース

我が校の文化伝播学院の学生、書評が『新商報』トップ記事に

 

先日、我が校文化伝播学院の学生周思琪の文学評論『刹那な霊性を捕まえる』『新商報』書評コラムのトップ記事として掲載された。この評論は王立春の詩集『夢の門』の書評で、王立春からも高く評価された。
文学評論は精神の道標である。周思琪は「王立春の詩は、あまり教育のために説教することも、美感のために叙情することもない。現実に対する淡々とした描写をもって、真実な体験を伝えたいる」と書た。彼女の評論は少なからぬ反響を呼び起こした。「大学生文学評論を発表できたの簡単なことではない」と評判になった。王立春本人も「この評論には、自分作品をもう一度見直させるほどのものがある」と述べた