ホーム大連外国語大学ニュース

わが校の翻訳情報有限公司がは旅順口公安局支局と多言語の言語サービス協力を実施

 

613に本校で開催された遼寧省「一帯一路」人文交流、「言語産業校企連盟」(言語産業と大学との産学連携)発足大会の精神を具現化するため、628の午後、わが校の翻訳情報有限公司が英語、日本語、韓国語、ロシア語攻の9人の学生を組織して、大連市公安局旅順口支局を訪れ、語学サービスボランティア研修やインターンシップなどの交流と協力を行った。
今回の協力は、多言語教育機関というわが校の優位性を発揮して、110番通報と事件処理の電話音声サービスを提供することを目的としている。 公安局の徐局長が、学生等を110番の指揮センターに案内し、警務の流れ、現況について簡単に紹介した。その後、学生たちに業務訓練を行い、秘密の保持、公正さ、愛国心、着実な仕事ぶりが必要であることを強調した。今後、学生たちは外国人通報者と警察官との通訳を務め、事件等の円滑な解決を促進する。
「一帯一路」の人文交流と言語産業連盟は言語産業学校と企業の提携により、大学と企業の協力機会を生み出すとともに、公安局の通訳ニーズを満たし、学生の実践とトレーニングの機会をも増やすことになる。(劉志)

1.jpg2.jpg