ホーム大連外国語大学ニュース

e-falcon社R&D部門責任者増尾明彦氏の学術講座開催

 

  1017日、日本e-falcon(株)RD部門の責任者増尾明彦氏が励業楼301会議室において、日本語学院の学生を対象に「学習者の個性に応じた日本語教授法について」をテーマとする講座を開いた。
 増尾氏は心理学の基礎概念を紹介した後、「学習者の個性」をはかる基準について詳しく説明した。さらに「学習者の個性」を測定する場合、その結果を可視化する必要があり、それは分析の前提であると強調した。学習者の個性に関する分析は、新しい日本語教授法の開発に大いに役に立つと考えられている。 
 学生は講座内容について活発に質問した。増尾氏は質問に答えたばかりではなく、講座で紹介した重要な概念や中日学生の個性の平均値にみられる問題について学生らと討論を行った。その中で、氏は人間の個性を多方面から観察し、比較を行い、人間の性格の多様性を十分理解して、今後の生活に活用してほしいと話した。